知的財産権

アドバイスをする

  • 従業員50名以上の事業所はストレスチェックが義務付けています。こちらのサービスを利用することでより効率的にストレスチェックを実施できますよ!
  • 新しいアイデアによる創作活動によって何かを創り出した人に対して、他人に無断で利用されない権利が付与される、知的財産権があります。 知的財産権の種類には、著作権や意匠権し商標権、そして特許権などがあります。 著作権は、音楽や絵画や小説などといった著作物を保護する権利で、 意匠権は、物の色や形状などの新しいデザインの独占権で、 商標権は、 会社名や商品名やロゴなどを他人に無断で使用されないようにする権利です。 そして、特許権とは、新しいアイデアと技術により発明された物や生産方法などを一定期間、独占できる権利です。 それを使用したい人は、特許申請した人か許可を得て、特許権使用料を払うなどして、利用しないと、 特許権を侵害したとして5年以下の懲役もしくは500万円以下 の罰金で、法人だと億単位の罰金となり、さらに、特許を侵害された人には損害賠償を支払わなくてはならなくなります。 その一方で、特許を独占できるものの、その発明は特許申請した後、刊行物などで公開され誰でもその発明を見ることが出来るようになります。 これは、その発明をヒントに新たな技術の発展が目的です。

    発明の特許申請をする相手は、特許庁です。 間違っても早口言葉の東京特許許可局ではありません。 もし、国外でもその発明を独占したい場合は各国毎に特許を申請しなくてはなりません。 日本の特許庁なら、日本でのみ権利が守られるということです。 特許申請はまず、願書と 明細書、特許請求の範囲、要約書、図面といった書面を特許庁に持参するか、インターネットや郵送で提出する事ができます。 そして、刊行物による公開と審査があり、新規性や進歩性、利用価値があるかや、似たようなものが登録されていないかなどが問われます。 審査が通れば、特許料として約15万円を納付します。 そして、特許原簿に登録されます。 逆に、許可されない場合は、登録できない理由も告げられます。その審査に不服があれば審判を請求することも可能です。 当然ですが、まずは、申請する前に、その発明と同じ様な物がなかったか、あらかじめ調べておいた方がいいでしょう。

  • 企業の課題をクリアにしてくれる福利厚生サービスはこちらからチェックしましょう!企業のニーズにマッチした人材の確保につながりますよ!
  • 特許申請

    法廷で争う

    自身で素晴らしいアイデアを思いつき、何かしらの商品として売り出す際には必ず特許の申請を行いましょう。特許の申請を行わないままでいると、様々な問題が発生してしまうのです。

    Read More →

    ストックオプション

    静かに歩く

    多くの企業が業績の向上を目的にした取り組みを行なっている近年では、ストックオプションという言葉を耳にする機会が多くなってきました。その内容を理解していきましょう。

    Read More →

    メンタルヘルス

    交渉が成立する

    ストレスが社会問題として取り上げられる事が多くなっている現代では、様々な対策が行われようとしています。その対策の一つとしてメンタルヘルス対策があります。自身の抱えているストレスについて今一度考えてみましょう。

    Read More →

    手形割引

    裁判で決まる

    金融機関にとっては手形割引の存在は無くてはならいないものとなっています。手形割引の歴史は古く、17世紀末にまでさかのぼります。過去から現在に至るまでの歴史を知りましょう。

    Read More →

    就職先を選ぼう

    書類に名前を書く

    就職活動をしていく中で、就職先を決める基準は多くあります。支給される給与、休日の日数やボーナスなど以外にも重要なポイントがあることを知り、今後の就職活動に役立てていきましょう。

    Read More →